私は、旅行やレジャーにお金を使いたいので、日々の暮らしでは、メリハリの有る節約を心掛けています。金額には関係なく、無駄な事にはなるべくお金を使いたくない為、少し手間がかかる事も実践しています。また、普通ならすぐに捨ててしまう物でも、何かに活用したりするのも大好きです。

ゴミ袋代の出費は最低限にしたい

レジ袋が有料になる前は、どんどん増えるレジ袋をゴミ捨て用に使っていましたが、最近は以前ほどレジ袋が溜まらないので、工夫してゴミを捨てています。
現在住んでいる市区町村は、指定のゴミ袋が無く、中身が見える袋なら色付きの半透明でも使用可能なので助かっています。私は元からゴミの分別はかなりきちんとするタイプですが、ゴミの分別をきちんとすれば、結果的にゴミ捨てが楽になると思います。

前提としてスーパーの“ロール式ポリ袋”は極力持ち帰らない

私は、スーパーの“ロール式ポリ袋”は、基本、持ち帰りません。
たまに、ミンチ肉や鶏肉のパックにドリップが出ている時は、ロール式ポリ袋に入れる事も有りますが、あの無料のポリ袋は、極薄で破れやすくて使い物にならず、結局捨てる事になり、余分なゴミが増えるばかりで、資源の無駄使いだと私は思います。
世間から“ポリ袋ハンター”と呼ばれているスーパーのお客さんが、濡れる物が無い少ない買い物でも、大量のビニール袋をガラガラ回して持ち帰っている現場をたまに見かけますが、あれだけは本当に見苦しく、嫌~な気分になります。ガラガラガラ~ッと長い音が続くと、つい、どんな人かチラッと見てしまいますが、なんとなく、どんよりとした負のオーラが漂う雰囲気で、ネガティブエネルギーを感じてしまいます。私個人の感想ですが。
私は、食料品用のマイバッグは3枚をローテーションで使って、汚れたらすぐに洗濯しているので、スーパーでの買い物で、豆腐や漬物や魚や肉のパックでも、そのままマイバッグにポイポイ放り込んでいます。サッカー台での作業時間は短く、素早くパッと入れてパッと帰ります。

野菜の袋を生ゴミ捨てに活用

スーパーで袋入りの野菜を買ったら、その袋を捨てずにストックしておき、生ゴミ用に使っています。素材により、すぐに裂けて破れる袋も有りますし、空気穴があいている袋も有りますので、それらは処分します。
キッチンの排水口の深いゴミカゴには、ゴミをためない様にしています。カゴの上の“菊割れゴム”は取り除いて、代わりに浅いゴミ受けを置いています。浅いゴミ受けに少しでもゴミがたまったら、その都度水切りをして、すぐに生ゴミ用のゴミ袋に入れます。生ゴミ袋は、流し台のカウンタートップの上に置いた小型のバケツ型の、蓋も有るプラスチック容器に入れています。
シンクの隅に三角コーナーを置いた時期も有りますが、手入れが面倒なので、今はこの方法にしています。

卵のパックのテープは優れモノ!

生ゴミが袋にたまったら、袋の口を縛って屋外のゴミ箱に入れてゴミの日まで保管しておきます。
野菜の袋の口が縛りにくい時には、卵のパックのテープで縛っています。ちぎれにくく、裏側の粘着力のおかげで、しっかりギュッと縛れます。このテープを活用する事は、レジ袋有料化の後に閃いたのですが、それより前は捨てていた事がなんだか勿体ないです笑。

 

トイレットペーパーの外袋やお米のビニール袋もゴミ袋として活用

レジ袋有料化以降、トイレットペーパーの外袋やお米のビニール袋も、ゴミ袋として活用しています。トイレットペーパーの外袋を開封する時は、お米の袋同様、上部を丁寧にハサミでカットし、主に、“容器包装プラスッチックゴミ”を捨てる時に使っています。

肉や魚の冷凍に使った“BOX入りポリ袋”は必ず生ゴミ袋として活用

以前は、何でもかんでも“チャック付きポリ袋”に入れていましたが、今は、“チャック付きポリ袋”に関しては、毎回少しずつ使う食材の、油揚げ、ウインナー、皮を剥いた生姜などを入れて冷凍したり、洗った野菜などを入れて冷蔵する時に限定して使っています。
この十年以上は、並行して、市販の“BOX入りポリ袋”をよく使っています。理由は、私は“チャック付きポリ袋”を使い捨てにしない為、使用後に丁寧に洗うのが面倒な事と、何度か繰り返し使うと、両端の上の部分のチャック脇が裂けてきたり、底の角が破れたりする事、1枚当たりの単価が高めな事と、案外、冷凍庫でかさ張る事です。
肉の冷凍で、常に少しずつ使いたい“豚バラ”などは、広げてラップと交互に重ね、“チャック付きポリ袋”に入れて冷凍していますが、一度に使う予定の肉や魚は、広げて、同じくラップと交互に重ね、“BOX入りポリ袋”に入れて口を縛って冷凍庫に入れています。
私はエンボス加工で200枚入りの“BOX入りポリ袋”を使っていますが、肉と魚の冷凍専用にすると、かなり長い期間使え、ティッシュの様に取り出しやすくて使い勝手も良いです。そしてもちろん、使用後は必ず生ゴミのゴミ袋として活用しています。

しめ縄リースを手作り

ここ数年、“しめ縄リース”を何度か手作りしています。
しめ縄の土台が手に入れば手作りし、手に入らなければ、結局、しめ縄飾りナシのお正月になったり、まちまちです。
しめ縄の土台が手に入る行きつけの手芸店は、電車に乗って行かなければならず、いつも、わざわざ出かけません。普段も、用事で出かけたついでに手芸店に立ち寄りますが、今年は12月に用事で出かける機会が有ったので、ついでに手芸店で、しめ縄の土台だけ買って帰りました。
飾りつけの小物類は、家族が貰って帰ってきた花束の一部や、自宅に有った水引や金色の色紙などで、材料費は、しめ縄の土台¥290のみです笑。手芸店には、色々な飾り付け用の小物が販売されていますが、私は、毎回、しめ縄の土台だけ買って、家に有る物で飾りつけしているので、毎回、雰囲気がガラッと違うしめ縄リースが出来上がります。

以前作ったしめ縄リース

 

緩衝材プチプチをクッションや枕の中綿に使う

仕事場で、低い枕が必要になり、だいぶ前に3個手作りしました。タオルを上に被せて使っていますが、衛生面を考えて、中綿は最初からプチプチを使いました。今回、いらないニットのスカートでクッションを作ろうと思い、余っていたプチプチを入れてみました。うつ伏せで肘を付いてみたら、程よいクッション性で、全てのクッションの中綿はプチプチで良いのでは?と思いました。使っているとシャカシャカ音がしますが。