イカの塩辛手作りは意外と簡単!魚屋さんから聞いた方法

イカの塩辛

私は、イカの塩辛が大好きです。大昔に、実家の母が、イカの塩辛レシピが載った新聞の切り抜きをノートに貼っていたのを見つけて、私も何度か作りました。
しかし、その後に、魚屋さんから教えてもらったレシピで作ってみると、それまで作っていた物と、かなり違っていて、とても美味しかったのです。実は、魚屋さんも、ご自分が行った小料理屋さんのイカの塩辛がとても美味しかったので、女将さんに作り方を教わったとの事でした。

美味しいイカの塩辛のレシピをご紹介します。

 

材料

刺身用のスルメイカ

塩、醤油、ワサビ

作り方

①刺身用のスルメイカのハラワタを、袋を破らない様に取り出し、サッと水洗いして保存容器に入れ、粗塩を振りかける。容器を左右に振り、塩をハラワタに、まぶす。慣れない人は、目の境い目に包丁を入れ、そのまま水洗いして塩をまぶす方が、袋を破る失敗が少ないかもしれません。

②処理して軽く水洗いしたイカの胴は、皮を剥き、細切りにして保存容器に入れ、粗塩をまぶす

③ハラワタと胴を冷蔵庫で一晩置く。
④一晩置いたイカの胴は、ザルに入れて、塩の加減を味見しながら水洗いし、キッチンペーパーで水気を拭いてから、乾いた保存容器に入れる。
⑤一晩置いたハラワタの袋を丁寧に剥がし、スブーンなどで④の上に、しごき出す。(水分が減ってペースト状になっている)

⑥隠し味に練わさびと醤油少々をかける。

⑦よく混ぜて、半日ほど冷蔵庫で寝かせる

※以上が、昔、魚屋さんに教わった作り方です。ハラワタに塩をまぶして一晩置くのが最大のポイントで、イカをさばいてすぐにハラワタにまぶすより美味しいし色も綺麗です。